水島新司
イラスト制作

【似顔絵】水島新司さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

少年時代のぼくは、少年野球をやってました。下手くそだったので、スコアラーでした。

中学校へ上がっても、野球をやってました。下手くそだったので、スコアラーでした。

下手くそだったんですが、なぜか、野球は嫌いになれなかったんです。

練習試合で送りバントが決められず、監督に平手打ちを食らって泣きそうになってた日もありましたし、ショートバウンドの球を何度やってもうまく取れず、チームメイトからもあきらめられるレベルの下手くそさだったのに、です。

あんまり自分で自分のことを下手くそ下手くそと言い続けてたら、若干気が滅入ってきました(笑)

けど、野球はいまだに好きなんです。嫌いじゃない、じゃなくて、好き、なんですよ。

しかも、好きなポジションはキャッチャー。尊敬する選手は、阪神タイガースの主砲だった田淵幸一さん。もちろんキャッチャー。それも、ホームランが打てるキャッチャーだったんです。

ぼくが言いたいことがお察しいただけますでしょうか。

ズバリ、野球漫画「ドカベン」の主人公である山田太郎が、少年期のぼくのヒーローだったんです!

 

・・・・・・・・・・

 

今回は、その「ドカベン」の作者、水島新司さんを描きました。(クリックでびよ~ん!)

 

水島新司

 

「男どアホウ甲子園」「ドカベン」「野球狂の詩」「球道くん」「あぶさん」など、野球漫画といえば水島さん、と言っていいほどヒット作がことごとく野球漫画。

少年時代のぼくは、ほんとうに水島先生のお世話になっていたんだなと痛感します。

なので、先日の訃報には驚きましたし、残念な思いも大きいです。

ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。