たあいないこと。 イラスト制作

男が臭くてナニが悪い!

まいど!愚蛤庵主人です。

 

よい天気です。

けさも走ってきましたよ。

・・・亀のようなペースで!ええ!

走り出しから速いと、かえってまずい。

むしろ、ゆっくりとしたペースで、どんどん時間と距離をのばすほうがずっといい。

そのぶん、頭を空っぽにできますからね。カラダにも負担が小さいし。

走るのは大好きなんですが、結果として速く走れるようになったとしても、だれかと競うくらいなら、ひとりでテレッテレと走ってたいです。

 

・・・・・・・・・・

 

きょうは、うちのヨメさんが「人間ドック」に行ってきました。

会社的に、行ってもらわないと困るそうで。

彼女的には、自分の体重を目の当たりにするのが困るそうで。

 

残念なことに、彼女は、ものの見事に「肥満」の烙印を押されて、しょげかえっておりました。

 

・・・まあ、毎日見てる側としては、不思議でもなんでもないんですが。

肥満かそうでないかは、元気でさえいてくれるなら、別にわたしは構わないんですけどね。特に彼女の外見に美しさを求めてるわけでもないし。

ただそれがもとで、体を壊したり、ということがあったらすごく困るので、そういう意味では気をつけて欲しいと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

ところで。

人間が、わき毛を剃るって、ごく最近の話ですよね。

美しさを表す手段として、そうしなきゃならないような風潮ができたのは。

いつのころからか、「当然の身だしなみ」になっていて、それが、ごく最近になると、男ですら、わき毛を剃るようになってます。「ムダ毛」とかいって。

・・・毛は生えるもんなんだよ!減っていくのは頭の毛だけなんだよ!チキショー!

昔、オリンピックの陸上競技で、たしか走り幅跳びだったと思いますが、東欧系の女性にはわき毛を剃る習慣がなかったのか、しっかり生えてたのを思い出しました。

もとが金髪の人は、わき毛も金髪なんだ!・・・なんて妙に感動したりして。

 

・・・・・・・・・・

 

最近は「におい」についても、これまで以上に嫌がられる流れになってますよね。

そりゃ、清潔であるにこしたことはないですが、それが明らかに度を越している。

そう思いませんか?わたしだけ?

 

・・・・・・・・・・

 

別に男にかぎらず、体臭はあってあたりまえなんです。

それを清潔感だの、美しさだののために、むりやり消さなくてもいいんじゃないかな。

 

・・・・・・・・・・

 

逆に、「男臭さ」がよいとされたときもありました。

人には人の「におい」って、あったほうがむしろいい気がするんです。

 

・・・・・・・・・・

 

それってたぶん、「肉体労働」をよしとしない現代の風潮があるからだと思っています。

清潔感あふれる肉体労働者がいるとむしろ不自然。

でも、それが嫌がられる。

そっちのほうが、わたしには理解できません。

かっこいいと思いますけどね。個人的には。

 

・・・・・・・・・・

 

そんなわけで、今日はあえて、「男臭さ」が受け入れられてた時代の人を描きました。

脂ギッシュで当たり前、におって当たり前、タバコなんてむしろマストアイテム。

そうじゃないと男じゃない!って感じの。「野生的」っていえばいいのかな。

 

萩原健一さん。(クリックでびよーん!)

 

 

かっこいいと思いますよ、いまでも。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。