イラスト制作

焦る。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

きのう、石川県立七尾美術館へ行ってきました。

猫にまつわる浮世絵展です。

 

楽しかったです。

あるていど予備知識を持っていると、より楽しめたんじゃないでしょうか。

 

時代の移り変わりによって、猫のモチーフとしての扱われ方や、構図、描かれ方、紙質も含めた印刷品質などが変わったりもして、いろいろと発見がありました。

 

家族と行った甲斐がありました。なにしろ久々の外出でしたので。

 

・・・・・・・・・・

 

余談ですが、この美術館では、毎年、ボローニャの絵本原画展が催されていて、ことしも11月にやってくるのですが、昨年の作品集を自分へのご褒美兼お土産として購入しました。

これも、開催年によっては、全体的に暗いイメージだったり、明るいイメージだったりとバリエーションがあって、面白いなあとおもいます。いくつか集めてみたくなりました。

・・・・・・・・・・

余談ですが。

 

さいきん、絵を描くときに、なぜか焦ります。

 

別に、時間が差し迫ってるわけでもないし、だれかになにかを強要されてるわけでもないですけど、焦ってます。

 

描いてても心から満足や納得が得られないんですね。つねに「これでいいのか?」という気持ちとの戦いです。

 

この気持ちはなんなんでしょうね?自分でもわかりませんが。

まあ、それが、自分がひとつ上の段階へ移行しようとしている証拠なのだと、ポジティブに考えることにします。

 

・・・・・・・・・・

また、話は変わりますが。

 

Facebookで、プロフィール写真に私の似顔絵がまた採用されました。

 

高校の陸上部の後輩です。

 

「おー、描いちゃるぞぉ」くらいのノリで描いてたんですが、彼女の旦那さんまで巻き込んでの大掛かりな作業になりました。面白かったです。

 

結局、8パターンくらい書きましたが、決定稿になった2つをご紹介します。

 

予想以上の反響のよさに、われながらびっくりしている次第です。

 

・・・・・・・・・・

 

まずは、ボツになったバージョン。

「かわいらしすぎる!」との旦那様のご指摘により、ボツになりました。

 

(クリックでびよーん!)

 

ikue-michiba03

 

ひとつめ。メガネありバージョン。(クリックでびよーん!)

 

ikue-michiba04

 

つづいて、メガネなしバージョン。(クリックでびよーん!)

 

ikue-michiba05

 

・・・・・・・・・・

 

あとは、いつもの似顔絵。

 

マツコ・デラックスさん。(クリックでびよーん!)

 

matsuko-deluxe

 

これ、ナナメなのは、意図的なものです。見上げてるかんじを出したくて。

 

で、内村光良さん。(クリックでびよーん!)

 

teruyoshi-uchimura

 

セットで、南原清隆さん。(クリックでびよーん!)

 

kiyotaka-nambara

 

・・・とまあ、こんなかんじです。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。