木村佳乃
イラスト制作

【似顔絵】木村佳乃さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

ここんとこ、「本らしい本」を読んでないような気がします。

Kindle(Amazonの電子書籍)で読んでるってのもありますが、「紙かそうじゃないか」というわけでもなく、なんというか、「硬派」なかんじのものを読んでない。

純文学だったり、哲学だったり、学術的な匂いがする本って、あんまり電子書籍では出回らないんですよね。そもそも理系の本はほとんど読みませんけども(講談社ブルーバックスは例外)。

こないだ、ちょっと昔の小説を読んでたんですが、すぐに疲れてしまいました(笑)

 

なんだろ、時代性もありますが、ジャンルによっても、本には「お作法」みたいなものがあるのかもしれません。文体であったり、使う言葉であったりが、時代やジャンルでそこはかとなく決まってるような気がするんです。

自己啓発本を読んでから、ふっと夏目漱石の小説なんかを読んだら、きっとすんなりとは読めないと思うんですよ。それってきっと「お作法の違い」がそうさせるんじゃないかと。

「本らしい本」には、また「本らしい本」のお作法があると思うので、そこへ合わせるのにしばらく時間がかかるんだろうなぁ。

けど、読みたいなぁ。あした読も。

 

・・・・・・・・・・

 

で、今回はこの方を描きましたよ。

 

木村佳乃さん。(クリックでびよ~ん!)

 

木村佳乃

 

これまで、何度描いてもうまくいかなかったひとのひとりが、この木村佳乃さん。

今回も非常に難儀しました。

少しは似せられているのかな??ん~~~・・・。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。