六代目 神田伯山
イラスト制作

【似顔絵】六代目 神田伯山さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

芸能、と一口に言っても、非常に多岐にわたります。

音楽、踊り、お芝居などは、時代とともに様変わりしてはいますが、常に芸能の中心にあるものといっていいでしょう。

日本で、「語る」芸能といえば、古いものでは琵琶法師あたりになるでしょうか。

現在は漫才やコントが中心ですね。

江戸時代の終わりごろから、大衆芸能としての語り物がいくつか出てきました。

代表的なものが、落語や講談、浪曲です。

落語は、現代でもしっかり根付いていますが、講談や浪曲は、すっかりマイナーな芸能になりました。

ぼくも正直、講談は全然聞いたことがなくて、浪曲といえば広沢虎造の音源をYouTubeで聞く程度。

ただ、落語や講談、浪曲は、ほぼ同時代に生まれ、それぞれが影響を与えあって進化してきた芸能です。ときには歌舞伎などにも影響を与えたとか。

これらを「伝統芸能」というにはまだちょっと早い気もしますが、ぜひ後世まで受け継がれていってほしいものだなぁと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

で、今回はこの方を描きましたよ。

 

六代目 神田伯山さん。(クリックでびよ~ん!)

 

六代目 神田伯山

 

彼は講談師です。

一番最初に彼を見たのが、「白山カレンの反省だ!」というテレビ番組。

辛口で軽妙な語り口に「へぇ」と興味をもちました。

で、彼の講談がYouTubeに上がっていたのでいろいろ聞いてみたら、すっかりハマってしまいました。

「グレーゾーン」「中村仲蔵」あたりは、初めて聞く方にはおすすめです。

テンポと声がとてもいいですね。どんどんと話に入っていけます。

TBSラジオで「問わず語りの神田伯山」というのもやってて、これもまた面白いです。

講談界の「中興の祖」と呼ばれるような存在になってほしいですね。応援しています。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。