吉田鋼太郎さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

「エロ」ということばがあります。

もちろん、その語源は「エロス」。愛なわけです。

美しいじゃないですか?

それならいいじゃん。エロ万歳!

 

べつに肉欲にど真ん中ストレートだっていいじゃないですか。

愛って、ズバリ欲求ですよ?求めるココロなんですよ?

素晴らしいじゃないですか?

どこが悪いの。エロ万歳!

 

かくいうわたしも、もちろんエロい。

そりゃもう、ガッツリ「愛」ですよ。あふれんばかりの。

プラトニックだ?アガペーだ?なんじゃそりゃ。

きれいごと言うな!それ「エロばんざ〜〜い!!」

 

・・・若干開き直り気味ではありますけれども。

正味な話が、エロ抜きに生物の歴史は語れないのですよ。

なんだかんだ言っても。

 

・・・・・・・・・・

 

前置きが長いですね。

というのも、今回描いたのはこの方なのです。

吉田鋼太郎さん。(クリックでびよーん!)

 

吉田鋼太郎

 

この方、単なるエロオヤジになりさがることがよくありますねぇ。

まあでも、そのエロさが、役者としての味とか色気みたいなものを熟成してると思えば、あながち無駄なものとも言えないのです。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す