「文豪」?

まいど!愚蛤庵主人です。

 

きょうも、気持ちのいい1日です。

 

薬が変わって、よい睡眠がとれました。

まずまずの朝です。

 

・・・・・・・・・・

 

今回は、きのうからの流れで、小説家を。

 

話題にはよく上る彼なんですが、自分の中で、存命中の作家を「文豪」と呼んでいいものかどうか、悩みます。

 

大好きな作家の一人ではありますけれどもね。

 

このひとの作品というのは、「感情を揺さぶる」とか、「感動する」とかいうたぐいのものとは、すこし違う気がします。

 

どちらかというと、感情から遠い。

書き手が冷静すぎるというか、客観的すぎるというか。

 

・・・そんな気がします。

 

ということで、村上春樹さん。(クリックでびよーん!)

 

 

そもそも、文化人がメディアにばんばん出ることも少ないので、作品を知ってても顔は知らない、というパターンが多いですね。

 

そういう意味では、非常にひとりよがりな似顔絵になってしまいました。

知らない人にとっては、似てるか似てないかすら判断がつきませんものね。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す