イラスト制作

あえて、挑戦。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

きょうは、苦手にあえて挑戦です。

 

・・・・・・・・・・

 

似顔絵って、「描き手が思っているその人」と「見ている側が思っているその人」との違いって当然あるので、「似てる!」が一致するパターンの方が少ないんじゃないかと思います。

 

それでも、その差を縮めていければ、それこそ「上達」と言えるんじゃないでしょうか。

 

そんな気がします。

 

・・・・・・・・・・

 

今回のは、「自分が思ってるその人」とも違う気がします。

 

とくに女性の場合、髪型や化粧によってさまざまに変化が加えられるからです。「まさにこの女性はこうだ」という、典型が人々の間に刻まれるには、そうとう有名になるしかないような気がします。

 

世界的に有名な女優さんなどでも、似顔絵の題材として選ばれるものはごくわずか。よく知られた顔でないと「ちがう」と判断されてしまうからです。

 

なので、とくに現代の女性は、人気が定着する以前に姿を消す場合が多くて、印象に残りづらいというのもあるのかもしれません。

・・・・・・・・・・

 

まあ、理屈はさておき。

きょうは、この人を描きました。

 

井上真央さん。(クリックでびよーん!)

 

mao-inoue

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。