たあいないこと。

この!左手っ!

まいど!愚蛤庵主人です。

 

なにせ、左手がぶきっちょで。右手と左手の動きがまるで違うんです。

どんな人でも、利き手がある以上、ある程度はそうなんでしょうけど、なんだか尋常でなく左手がいうことをききません。

 

ヨメさんの前で右手と左手を同時に動かして見せたら、笑われてしまいました。

 

たしかに、笑われても仕方がないな、という自覚は、ムチャクチャあります。

 

小学生の頃にエレクトーンを習っていたんですが、そのころからすでに左手の運指に関しては、ほとんど諦めていました。周りの子がどんどん上達していくのに、自分だけ、とくに左指の運指がまずいので、なかなかうまくいかず、しかも自信をなくせばなくすほど、それに比例してやる気も失せてしまって、結局続きませんでした。いまでもピアノを上手に弾ける人を見るとスンゲー羨ましく、また妬ましく、うらめしく思います。

 

だもので、それ以来、左手のぶきっちょさについてはトラウマに近いものがあります。

 

それで、今日から、左手のトレーニングに取り掛かりました。

何を始めたかというと、「左手で文字を書く」練習です。

 

とりあえずやってみた感想としては、「指、つりそう」です。

 

スピードがおそろしくのろいのは仕方がないです。とくに最初ですから。

ただ、救いなのは、のろい分、文字が丁寧に書けてるんですね。これには我ながら驚きました。

 

左手をもう少し器用に動かせれば、漠然と「自分の人生、取り戻せるかも?」などと思っています。大げさに聞こえますが、トラウマを少しでも取り除くことで、より前向きになれるかも、という野望があるわけです。

 

しかも、左手で文字を書いたりするだけでなくて、いろんなところで左手が使えるようになると、得することがすごく多いらしいんです。

 

なかでもすごく魅力的なのは、「右脳が鍛えられる」ということ。

 

いってみれば、これまで左手がぶきっちょだったということは、すなわち右脳を使ってなかったということになる(かなり大げさ?)なので、左手をばっちり使えば、脳みそ半分しか使ってなかったのを、全体的に動かすことができるようになるかもよ、ということになるんじゃないかということになると思いますんで。

 

すごいお得感ありますよね!

 

ということで、始めましたよ。

何日つづくかわかりませんが。はっはー。

 

ということで。

ではでは、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。