高島忠夫
イラスト制作

【似顔絵】高島忠夫さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

台風が去って、残していった爪痕に難儀してらっしゃるひとも多いかと思います。

心よりお見舞い申し上げます。

 

都市部には都市部に特有の被害というのも、やはりあるようで、今回の件を教訓に、また来かねない災害に対して備えていく必要がありますね。

わたしが住んでいる地域では、どんな災害が予想されるか、そのさいどうするか、を家族で話したりしました。

でも、なかなかピンとはこないものです。

遠いところの話になっちゃうんですよね。

 

・・・・・・・・・・

 

で、今回描いたのは、この方です。

 

高島忠夫さん。(クリックでびよーん!)

 

高島忠夫

 

子供のころ、「ゴールデン洋画劇場」や「ドレミファドン!」でお世話になりました。

地方ですので、映画といえば、この番組しかなかったです。

あとになって、水野晴郎さんの顔も見られるようになりましたが。

 

高島さんは、長年うつに苦しんできた方でもありました。

わたしも長年うつを患ってますので、どうにも他人事じゃないんですよね。

同じ経験があると、そこへ寄り添える気もします。

ただ、そうはいっても、病気も、病気に対する苦しさも、人それぞれで、自分の経験が全てにあてはまるわけじゃないんです。

変な話が、「寄り添える」なんて考えることじたいが「図々しい」のかもしれません。

しかも、わたしの場合、治ってるわけでもないし。

どうしても自分が他人になれるわけじゃない。

そんななかで頼りになるのは、想像力だけなんですよね。

それがゆえに歯がゆい思いをすることも、まま、あります。

「余計なお世話」になってしまうことも。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。