Apple イラスト制作

ジョナサン・アイヴさん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

走りたいのに走れない・・・。

花粉のバガっ!

 

きょうも元気に飛びサクってやがります。

ええかげんにせえよ・・・。

 

・・・・・・・・・・

 

今回は、この方を。

ジョナサン・アイヴさん。(クリックでびよーん!)

 

ジョナサン・アイヴ

 

鉛筆での模写です。久しぶりにのっけます。

鉛筆の使い方がいまだによくわかってません(笑)

 

わたしがiMacを手に入れてから、20年になろうとしています。

これまで、コンピュータといえば、「ベージュの四角い箱」だったものが、一気に親しみやすくなりました。

そのiMacのデザインを手がけたのが、このアイヴさんなんです。

いま、わたしがこうして絵を描いているのも、アイヴさんのおかげといっても過言ではありません。

Macだけにとどまらず、iPod、iPhone、iPadなど、いまや、なくてはならないものの多くを彼がデザインしてきたわけです。そう考えるとすごくないですか?

Appleといえば、スティーヴ・ジョブズがもちろん有名なんですけれど、スティーヴがAppleに復帰してからの大躍進には、この人が果たした役割も大きいんです。

ただ、問題は、この人が一線を退いてからのAppleのデザインに大きな進化が見られないということです。これは将来、Appleにとってマイナスになるんじゃないかと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。