イラスト制作

高木美帆さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

冬季五輪は、日本からの出場選手が夏ほど多くない(世界でのトータルでみても、そもそも母集団が少ない)んですが、そのわりに、特に今回は、日本人選手のメダルの獲得数が過去最多だそうで、なんだかうれしくなります。

 

「日本のためにメダルを獲る」という気持ちで五輪に臨む人が案外少なかったのも、今回の特徴のひとつなんじゃないかと思います。

4年に一度の大舞台、国内でも選ばれた人しか出場できないような大会ではありますが、わたしの場合は、国籍を問わず、選手たちがベストを尽くせて、できれば望んだ結果を出せて、心から「出場してよかった」と思える大会であれば、それに越したことはないなぁ、と思っています。

 

ところが一方で、五輪に出場すると、選手に「国を背負ってるんだから勝て!」とかいう外野がそこらじゅうからわいて出てくるのも事実。

・・・勝手に国を背負わせんな!と思います。

とはいえ、わたしも、テレビで観戦しながら、気がつけばなんだかんだで日本人選手を応援しているし、できれば彼らに金メダルをとってほしいと思ったりもします。

なので、正直いえば、自分も人のことを言えた義理ではないので、われながら身勝手だなぁと思います。

選手からしてみれば(出場できなかった選手はもちろん)、「自分に都合のいいときだけ好きなこと言うな〜!」というのが正直なところじゃないですかね。想像ですが。

だって、必ずしもその競技で生活できてるわけじゃないですもん。

競技をやるために失ってる時間と金額はバカにならないですよ。

もちろん、競技に打ち込めば打ち込んだ分だけ、他のことを犠牲にしてますし。

競技をやることで得られるものも大きいとは思いますけども。

結果が出せてるほどの強豪選手はもちろん、そうでない選手だって、費用は基本自腹ですし、多くは働いて、そのなかから、競技のために時間とお金を捻出してます。

 

都合よく選手に国を背負わせてるひとは、選手の面倒をどんだけみてるんでしょうか。

甚だ疑問です。

 

ただ、メダルをとったからといって、それが全て「自分ひとりの手柄」ではないですけどね。いろいろな人のフォローをうけていますから。競技ができる環境があってはじめてできることでもあるので。

そのへんはさすがに、選手たちはやはり、よく理解していますね。

メディアからコメントを求められたとき、選手はみな、口々に感謝の気持ちを表します。

 

・・・・・・・・・・

 

で、ナガナガと書いて、なにを言いたいかというと、

「やりたいことに専念しようとしたら、生活を含めて、多くを犠牲にしないといけないし、その結果、成功できたとしても、その確率は極めてひくい」

ということです。

 

・・・世の中、やはり甘くはないどころか、非常に厳しいものがありますね。

 

「オレだって例外じゃない!」なんて言ってみたいものです。

・・・結局は自分のための言い訳かよ!

ははは〜(汗)

 

もちろん、応援してくれている家族や、支えてくれている人たちもいるし、いまの環境があることにも感謝しています。ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・

 

でもって、今回描いた方はこちら。

高木美帆さん。(クリックでびよーん!)

 

高木美帆

 

メダル獲得、おめでとうございます!

あとはパシュートですね。いい滑りができるよう願っています。

 

それにしても野性味がありますよね〜!

気合と根性で生きてるかんじがすごいです。

「根っからの体育会系!」という印象が強いです。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。