イラスト制作

加藤登紀子さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

わたしは下戸です。呑めません。

呑めるひとがうらやましく思えるときもあれば、呑めなくてよかったと思うときもあります。

 

要は、お酒に呑まれず、楽しく呑めるかどうか、ですね。

 

お酒で体調を崩してしまった方をたくさん見てきているので、すこし呑み過ぎている人を見ると気が気じゃなくなります。

 

それでも、世の中には、「ザル」と言われる人がいらっしゃいます。

くれぐれも肝臓を大切にしていただきたい。

 

加藤登紀子さん。(クリックでびよーん!)

 

 

「紅の豚」が大好きな人間としては、この方の歌を外すわけにはいきません。

「ときには昔の話を」だったかな?タイトルはうろ覚えですが。

いかにも全共闘世代、という匂いがする歌ですね。

安田講堂が占拠されて、東大の入試が中止になった年に、わたしが生まれています。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。