たあいないこと。 イラスト制作

実質、ハーフマラソン。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

ゆうべあたりから、体調がだだ下がりになってきまして。

頭に隙間を作るとロクなことを考えないので、常に手を動かすか、カラダを動かすかの2択しかない状態にあります。

 

朝は、恒例の「早朝町内亀走り」で9.3km、夕方から、近所の木場潟公園に場所を移して12.87km。単純に足してみたら22.17km。ハーフマラソンの距離を超えてました。

時間にすれば2時間36分。まあ、そんなもんちゃそんなもんですが。

 

・・・ここまでくると、もう「アホの域」ですな。笑うしかありません。

 

夕方のジョグを終えて、クールダウンをしていると、向こうから、「どないしてん!話聞くぞ?」と言いたくなるほど、ぶんぶん腕を振って、紅い忿怒の表情を浮かべて、ドスドス歩いてた男の人がいて、思わず笑いをこらえてしまいました。

 

「そんな一所懸命に歩いて健康になれるんか?」と見ていて思いましたが、何事も一所懸命にやらないと気が済まない人もいるので(わたしもその例外ではないです)、せめてこういうときくらいは、リラックスして愉しむことを考えたほうが、きっといいです。

 

走っている間は、わりとすぐに自分の呼吸と、自分の足音に集中できるようになりました。これ自体は、いい傾向です。

 

・・・・・・・・・・

 

それは、とどのつまりは、

 

・・・根本的に解決せないかん問題があるやろ!

 

・・・という話でもありますが。

 

・・・ひたすら逃避しますよ!ええ!

 

・・・・・・・・・・

 

で、カラダを動かさない間は、寝るか、描くか。

 

・・・描きました。

 

梅宮辰夫さん。(クリックでびよーん!)

 

 

・・・・・・・・・・

 

・・・ま、人生、いろいろあります。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。