たあいないこと。 イラスト制作

現状に不満と不安。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

きょう、息子が合宿から帰ってきます。

ゆうべは、息子がいないので、父がひどく寂しがっておりました。

「邪険に扱われても、あいつがとにかく可愛くてならんのや・・・」とぽつり。

だもんで、息子が一歳のとき、父が息子をプール(空気を入れて膨らますやつ)に入れてやったときのビデオを見せたら、途端に顔がやにさがっておりました。

 

さらにいうと、きょうは息子の十一歳の誕生日でもあります。

あっという間です。

これから、どんどん成長して、姿もこころも変化していくのでしょう。

いま息子がみているわたしの姿も、見方、見え方が変わってくるでしょう。

やはり、いつも思うのは、健やかであってほしい、ということです。

月並みかもしれませんが、強く願います。

 

・・・・・・・・・・

 

で、きょうはというと、結果的に「描き直しデー」になりました。

 

きのう、伊勢谷友介さんに挑戦したのですが、納得がいかず、何度も修正を重ねました。

どれだけやっても、自分の持っているイメージと合わない。

 

で、つい写真をまじまじと何枚も見てしまいました。

 

そしたら、「ああ、ここはこうじゃない、そこはそうじゃない」ということになって、さらに手を加えてしまうことになって、元の自分のイメージがどうだったかすら忘れてしまう始末になりました。それどころか、全体像さえバラバラに崩れてしまいました。

 

そこから、迷いが生じて、悩んで、立ち止まってしまう、という。

・・・よくあるパターンなんですけれどもね。

 

・・・・・・・・・・

 

気分を切り替えて、別の題材に取り掛かる、という手もあったんです。

うまくいかない日は、いっそ何も描かずに、他のことをやってみる、という手もあったんです。

 

・・・それでも、きょうはあえて「手直し」を選びました。

 

・・・・・・・・・・

 

きっと、現状に全然満足してなくて、なおかつ、現状にも、自分自身の中にも、不安があるのでしょう。

なんとかそれを払拭したい、という、それだけ。その一念です。

我ながら、ねちっこいというか、いつまでも根に持つというか。

・・・困ったもんです。

自分の中には、そういう執念深い部分は、結構あります。自覚もあります。

 

・・・・・・・・・・

 

ただ、とにかく「この現状をなんとかしたい!」という気持ちの強さだけがあって。

 

たとえば、Facebookで自分が描いたものに「いいね!」がもらえるのは、「見る側の純粋な反応」の目安として、素直に、とても嬉しいんです。

 

ただ、現時点に限っていうと、それよりも「率直な意見を聞きたい!」とか、「具体的なアドバイスが欲しい!」という思いが半端なく強いです。

たとえそれが否定的であったとしても、です。

もしそうであれば、どこがどうダメかを突き詰めて聞きたい。

・・・そういう、かなり切羽詰まった状況でもあります。

・・・そこまで必死こく必要もないのかもしれませんけれど。

いまの、正直な気持ちとして、そうなんだから仕方ないです。

 

・・・・・・・・・・

 

で、きょう、描き直したものたち。

 

宮藤官九郎さん(5月6日のものの描き直し)。(クリックでびよーん!)

 

 

山本美月さん(5月8日のものの描き直し)。(クリックでびよーん!)

 

 

これらは、いずれも「目」を重点的に手直しをしています。

目がイメージと合わないと、どれだけ形がとれていても、誰なんだかサッパリわからなくなってしまいます。

 

・・・・・・・・・・

 

もっと重症なのは、自分のイメージをそのまんま表現できていない、という事実!

似てる似てないよりも、むしろ「自分の持っているイメージが、自分らしく出てるかどうか」のほうが、よほど、わたしにとっては重要なんです。

模写がしたいんじゃない。似顔絵であっても、「自分の、自分にしか描けない絵」が描きたいんだ。

それでも、今はそれができていない。

それが今は、すごく怖い。

 

・・・ほんとうにビビってしまうと、さらに何もできなくなってしまうので、きょうのわたしの選択が正しかったのかどうかは疑問です。「だって、まだまだ納得がいかないから」。

 

なにも描かないよりは、描いた方がマシです。あとあと後悔するよりは、よほど。

こういうのは、たゆまず怠らず、手を動かし続けてなんぼです。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。