たあいないこと。 イラスト制作

おそろしいことば。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

タイトルにもあります通り。

自分にとって、おそろしいことばがあります。

 

それは、「働かざる者食うべからず」ということばです。

 

「働く」ということの定義の仕方にもよるのでしょうが、「お金を稼ぐ」ということに限定されている場合(これが一般的だろうと思います)、わたしは、間違いなく「食うべからざるもの」になるわけです。

 

お金が欲しければ、お金になることをしないといけない。

そうしないと、生活できないよ、ということです。

 

絵を描いてて、それがお金にならなければ、「働いている」ことにならないです。

 

生活費を稼ぐために働きながら絵を描くって、すごく難しいものです。

毎日毎日、血眼になって絵を描いて、それでもお金にならないことのほうが、よっぽど多い。

才能云々、ということもよく言われますが、それも、描き続けてなければわからない。ていうか、やらないのにあるのかないのかなんて、わからない。

ちゃっと描いたらうまかった、とか、生まれつき絵がうまくてうまくて、なんて人はいないんですよね。

私の場合は、単純ですが、「好きだからやってる」だけなんです。

・・・ただそれだけ。

 

・・・・・・・・・・

 

そう考えると、「絵を描く」って、すごくリスキーなことです。

 

・・・・・・・・・・

 

それを考えると、ものすごくビビります。

ペンが手につかなくなります。

 

・・・・・・・・・・

 

ただ、そんなことを考えていると、よけいに描けなくなりますので、頭の隅っこの方へ押しやってますが。

 

・・・・・・・・・・

 

こればっかりは、やり続けないと、なんにもなりません。

経験だけで語れるものでもないですけど。

 

・・・・・・・・・・

 

とにかく、積み重ねていくことだけは、やります。

 

・・・・・・・・・・

 

で、長くなりましたが、きょうは、この方を描きました。

 

林家たい平さん。(クリックでびよーん!)

 

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。