イラスト制作

やっぱり、顔はむずかしい。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

やっぱり、顔はむずかしい。

というか、「似顔絵」は、むずかしいです。

「絵」じたいがむずかしいんですけどね。

好きじゃないとできない。

 

「この人といえば、これでしょう!」というのを、サクッとつかめれば、それなりに(技術的なものはともかく)なるんですが、それがないと、つまらない模写になりがちなんです。

 

そういうのを「特徴を掴む」ということにつながるんでしょうが、形がとれても、表情が活きてないばっかりに、題材がつまらなくなることって、とても多いです。

 

今回も、それにハマったパターン。

なかなか、うまくいきません。

その問題作が、これ。

星野源さん。(クリックでびよーん!)

 

 

 

一歩間違うと、「魔太郎がくる!」の主人公になってしまいます。

トホホ、です。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。