たあいないこと。

しくじり先生。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

底冷えです。寒い!

うっすらと雪はありますけれども、それよりなにより、路面の凍結が気になります。

ときおり茶の間へ行っては、暖を取ってます。

父が激しく寒がりなので、こたつが熱すぎて、あまり長い時間入ってられないんですけども。

 

・・・・・・・・・・

 

きょうは、絵を描きませんでした。

というか、落書きばかりで、のっけるものがなかったんですね。

 

・・・・・・・・・・

 

んで、今日の本題です。

テレビで「しくじり先生」を久しぶりに見ました。

 

得るものが多かったです。

 

「しくじってるパターン、バッチリ、まんま自分やん!」

 

・・・という重なりがあったから。

 

真剣に、ひとりひとりの「しくじり」を聴いていて、彼らの立場を考えると、歩んで来た道はそれぞれありますが、人ごとには思えないんです。

 

うなずきながら、言葉に聞き入る自分がいました。

 

ふだん、人の話をまるで聞かないので、自分にびっくりしたのもありますね。

 

自分と周囲を否定しないように努めることで、わかってくるものも多いです。

「まずは、認める」「自分の考え方と異なっていても、聞く耳だけは持つ」

・・・今の私には大切なことです。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。