迷いが、つぎの迷いを呼ぶ。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

まさにタイトル通りです。

「迷いが、つぎの迷いを呼ぶ」パターン。

 

・・・・・・・・・・

 

最終的には、最もシンプルに考えたものが一番いいことが多いです。

 

「なんでこうなのか?」とかっていう迷いは、部分しか見えてないときに、よく起きますね。小手先で済ませようとすると、たいがいこうなる。

 

精神的に煮詰まってるときは、なかなか全体が見えません。

じゃあ、全体を見るように心がければいいんです。

 

ところが、一歩離れて見るにも、勇気が必要な場合が、必ずあります。

 

特に、時間に余裕がないとき。

 

よけいに、ことを悪くするのがパターンとしてわかっていても、それができない。

 

・・・・・・・・・・

 

妖怪ウォッチの「ウィスパー」じゃないですが、「あるある」ですね!

 

今回(きのう、今日)は、まさにそんな感じでした。

 

見晴らしのいい場所へ行く必要がありますね。

 

では。

 

堺正章さん。(クリックでびよーん!)

 

 

池上彰さん。(クリックでびよーん!)

 

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す