イラスト制作

思い込みのこわさ。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

似顔絵を描いてると、ほんとうに実感するのが、「思い込みのこわさ」です。

 

描いてて、「なんかちがう、なんかチガウ・・・」と思いはじめたら、たいがい「それ」である場合が多いですね。

 

もちろん、「この人はこうだろう」という思い込みもこわいですが、もっとこわいのは、「こういうのは苦手だ」という思い込み。

 

これは、いったんクセがついてしまうと、なかなか克服できないもんです。

 

なんとかしようと思ったら、描けるものから順に、片っ端からあたって、経験を積んでいくのが、やっぱり近道だろうと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

そうなんです。きょうは、ひとつ、「これは無理!」と、パスしました。

で、描けるだろうと思ったやつから描いていったわけです。

 

まずは、「リベンジ特集」から。

 

アンガールズ田中さん。(クリックでびよーん!)

 

ungirls-taknaka

 

自分のなかでは、まだなんか、いまひとつ引きずってるものがあるような絵になりました。

 

つづきまして。

 

永作博美さん。(クリックでびよーん!)

 

hiromi-nagasaku

 

これも、描きはじめたときは、強い思い込みがありました。

「似顔絵は、目を描いて、はじめてナンボのものやろ!」という思い込みです。

 

・・・べつに、特徴的な表情には目を開けてないといけない、なんてルールもないんですけどね。そういう思い込みがあって、七転八倒しました。

 

「女の人は苦手」という思い込みもありますし。それはなかなか抜けません。

 

・・・自分自身も含めて、人間はむつかしい。

 

あらためて、そう感じた一日でした。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。