点滴。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

きのうは、定期通院だったのですが。

 

たいがい、最近は、通院のたびに点滴を打ってもらってます。

 

ところが。

 

なじみの看護婦さんがいなくなって、違う看護婦さんが点滴にやってくるんです。

 

それはそれで、人事のことなので、仕方がないですけども。

 

ただ、ひとつ言うならば。

 

「点滴がヘタ!」

 

痛い!あとにあざが残る、そして腕をアルコール綿で消毒する。の3本立て。

(アルコールが全然ダメなので、消毒しただけで腕が真っ赤になるんです)

 

・・・このへんは少なくとも院内共通なので、ぜひ改善して欲しいところです。

 

・・・・・・・・・・

 

調子は、おかげさまで、すこし上がってきました。相変わらず、一進一退ではありますが、その波も少しずつようすが変わってきました。

 

いいことだと思います。

 

まだ茶の間で家族と一緒に食事するまでには至りませんが、時間を限定すれば、家族と一緒にいられる時間ものびてきました。

 

じわじわと、あげていこうと思っています。

ここで一気にいくと、またドスンと来ますので。そのへんは注意深く。

 

・・・・・・・・・・

 

ジョグの方も、雨の日以外はほとんど走ってまして、あす走ることができれば、月間の走行距離がめでたく150kmを超えます。

 

走ることに対して、カラダも順応してきました。

 

筋肉がふえたぶん、体重はどんどん増えてますが、とくに気にする必要もないでしょう。運動前後のケアさえ怠らなければ、怪我なくいけると思います。

 

あとは、どれだけ継続できるか、ですね。

 

そもそも、なにか「レースに出る」みたいなモチベーションはなくて、好きだから走ってるだけなので、「走らなきゃ」になることもあまりないです。

 

それに、レースは、人との競争になるし(それが何よりもイヤ)、だいいち人が多い中で走る必要があるので、NGなんですね。

 

楽しんで走るのがいちばんです。

 

走った後の一服がいいです。

健康のために走ってるわけでもないので(笑)。

 

・・・・・・・・・・

 

で、肝心の絵の方ですが。

 

描いてます。

 

順にいきましょう。

 

チャールズ・ブロンソンさん(「んー、マンダム」のひと)(クリックでびよーん!)

 

Charles Bronson

 

あばれる君。(クリックでびよーん!)

 

Abareru-Kun

 

ランチア・デルタ・インテグラーレ。(クリックでびよーん!)

 

Lantia Delta

 

田中裕二さん(爆笑問題)。(クリックでびよーん!)

 

Bakumon Tanaka

 

だんだん、線の引きかたをカラダが覚えてきたので、少しずつですが線がスッキリしてきました。それだけでも、時間もかからず、いろんな意味でストレスが減ります。

 

・・・・・・・・・・

 

年齢のこともあるので、このさい、この一芸を磨くことを専一にしていきます。

 

あれもこれも、では、たぶん何も得られないまま人生を終えてしまう。

 

それじゃあ、あまりにもったいないので。

 

・・・・・・・・・・

 

与えられた境遇も、なんとかこれで活かすこともできるんじゃないかな。

 

ではでは、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。