こころのやまい。 イラスト制作

基礎練としての一連(Painterでのえんぴつデッサン)その1。

まいど。愚蛤庵主人です。

 

今日は点滴を打ってきました。

おかげで、かなり調子が上向いてきたように感じます。

 

帰宅して、軽い食事(これも久しぶり)を摂って、「ちょっと横になる」と言ったかと思うと、起きたのが夜の19:30。これじゃあなかなか今夜は眠りづらいかも。

 

デッサンをしてて、えんぴつで描いたものをスキャンしてみると、いつも思うのですが、かなりズレてます。カタチは取れてたはずなんですが、いざスキャンしてみると、思ったものよりはずいぶん違うんです。

 

それで、あまりズレてるものは、スキャンしたのちにPainterで手直ししたうえで完成させているんですけど、いっそのこと下絵を描く段階からPainterを使ってみたらどうだろう、ということを、また「実験くん魂」が頭をもたげてきました。

 

じつは今日、デッサンの作業台に、紙を固定するためのドラフティングテープ(紙テープのようなものです)を購入してきました。あと、細かいところを消せる消しゴムと。

 

ということは、紙の上でデッサンすることを、その時点までは想定していたわけです。

 

それでも、ふと思いついたことに関しては、なにしろ実践あるのみの実験くんですので、さっそくやってみました。

 

はじめに、紙に鉛筆でデッサンした、下絵をごらんにいれましょう。

 

これです。

 

 

ふきいしえんぴつ

 

いったいダレを描いたのかすらわからない、残念な状況です。

 

これを、まず、スキャンせずに、元画像をにらめっこしながら、Painterで下絵を途中まで描くと、しっかりカタチがとれました。

 

それがこれです。

 

ふきいしリベンジでっさん

 

ずいぶんカタチが取れてるのがわかると思います。

もしかしたら、まだ、ダレを描いたのか不鮮明な方もいらっしゃると思います。

 

さらにPainterでしあげていくと、こうなりました。

 

どうぞ。

 

ふきいし(完成)

 

そうです。吹石一恵さんです。

 

画材(ブラシ)は、えんぴつ(2B)と、消しゴム、ブレンダー(擦筆)のみ。

ようは、えんぴつデッサンを、Painter上でやっただけのもんです。

 

これで、ずいぶん変わったでしょう?

 

Painter、つかえるなあ。あなどれんなあ。

 

 

というわけで。

 

ではでは。またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。