パブロ・ピカソ
イラスト制作

【似顔絵】パブロ・ピカソさん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

つい、「日本の政治はどうたらこうたら」とか、「日本の教育はどうたらこうたら」と言いがちです。

別に政治家でもなければ、教育者でもないのにね・・・。

 

こないだ、ふと思ったんです。

これって、「ファン心理に似てるな」と。

野球ファンに例えると、ファンって、つい自分が監督になったかのような気持ちになりがちです。

「だからこのピッチャー出すなって言うたやろ!(誰も聞いてない)」

「このバッター引っ込めろ!(もちろん誰も聞いてない)」

「この監督辞めさせろ(以下略)」

 

・・・これ、政治や教育などの話にも当てはまりませんか?

そう思うと、なんだかんだ平和なんだなぁと思えてきますよね、不思議と。

だって、外野なんだし、言いたいことを好きなだけ言えばいいだけだし。

結局なんにも行動しないので、なんにも変わりませんけどね。

うん。今日も日本は平和。

 

・・・・・・・・・・

 

で、今回はこの方を描きましたよ。

 

パブロ・ピカソさん。(クリックでびよ~ん!)

 

パブロ・ピカソ

 

言わずとしれた偉大な芸術家。

本名がやたらと長いことでも有名です。

「ゲルニカ」のような抽象画をイメージする方も多いかと思いますが、彼は具象画ももちろん描きましたし、長い画家生活の中でじつに多くの作品を発表しています。

彼のように「天才」と呼ばれるほどの画家でも、基礎をみっちりやってきたことも、彼の作品を通して知ることができます。とんでもない努力家でもあったわけです。むしろ、その「とんでもない努力」をやってのけたことが「天才的」と言えるんじゃないでしょうか。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。