【似顔絵】やしきたかじんさん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

今、Kindleで「私本太平記」(吉川英治)を読んでます。

なかなかに面白いです!

 

著作権が切れた本は、青空文庫でも読めますが、Kindleだと(お金は200円ほどで)全集が手に入ります。だもんで、速攻でポチりました。

 

吉川英治さんは、歴史小説中心に書かれている方ですけども、下調べを相当徹底的にやってらっしゃる。

もちろん読み物ですから、切った張ったの見せ場やら、恋の場面やらを織り交ぜてますけども、歴史小説の醍醐味は、読者が歴史の中に入り込むことですので、むつかしい史料を広げるよりも、物語として生き生きと書くことが肝要です。

彼は、そこんとこが絶妙にうまい!

 

秋の夜長を、そうやって過ごしておるわけです。

 

・・・・・・・・・・

 

で、今回はこの方を描きましたよ。

 

やしきたかじんさん。(クリックでびよ〜ん!)

 

やしきたかじん

 

歌もお上手な方でしたが、人間としてとても魅力的な方でした。

没後にいろいろ書かれたりして、私としてはとても悔しかったです。

亡くなった方を飯の種にされているような気がしたからです。

 

さらには、彼がもっていたテレビ番組も、ずいぶんと様変わりしてしまいました。

すごく残念です。

 

彼は「人を生かすことができる」人だったのでしょうね。

そんな気がします。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。