イラスト制作

由美かおるさん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

えー。

先日、メインのMacがうんともすんとも言わなくなりまして。

現在、非常に難儀しております。

電源が入らなくなったときは、しばし抜け殻状態になってしまいました。

バックアップしたデータがあるだけマシですが、それでもそのデータが入るマシンがないので、それこそどうしようもないわけです。

もう悲しくて、かなしくて。

 

閑話休題。

ゆうべ、池上さんの番組で「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)の紹介をしてましたが、なぜ今ごろ取り上げるんだろう?と思ってしまいました。

なんでも、世間では、親が買って子どもに読ませたいらしい。

そんなんでいいのかなぁ、買い与えるほうの親は読んだことあるのか?などと思ったり。

ちょっと気になったので、押し入れを探って、大昔に読んだ岩波文庫のそれを引っ張りだして読んでみました。

ええ、iMacを失った傷心をごまかすためです。

 

・・・・・・・・・・

 

いつまでたっても姿形が変わらないひとって、ごくまれにいらっしゃいます。

もともとが老け顔で、年を取って顔が年になじむかたもいらっしゃいますよね。

また、童顔のかたは、あまり老け顔になってる様子をみたことがありません。

うらやましいです。

大多数のかたは、年齢とともに、あちこち経年劣化がみられるものだと思います。

 

そんななか、このかたは、いったいどうなってるんでしょうか。

由美かおるさん。(クリックでびよーん!)

 

由美かおる

 

スタイルも、お顔立ちも、まるで変わりません。

サイボーグじゃないかと疑ってみたりして(笑)

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。