イラスト制作

京唄子さん。

まいど!愚蛤庵主人です。

 

「老い」というものを考えたときに、ひとが経験してきたことが、良くも悪くも、表情や体つきに表れて、それが人生の鏡のようになっていると感じるときがよくあります。

 

「いい人生を送ってきた」とか、「ろくな死に方しないぞ」とか、人から見ればいろいろ見え方はあるんでしょうけれど。

 

経験を自分の糧にできているか、っていうのがけっこう大事なんじゃないかと思います。

 

いろいろあったけど、最後には笑える、そんな老い方って、なかなかできない。

理想ではありますけれど。

 

なかでも、「笑顔」に、その人の人生が詰まってると思うときがあります。

今回は、描いていて、とくにそう思いました。

 

京唄子さん。(クリックでびよーん!)

 

 

しんどい思いもたくさんされてきたと思います。

けれど、老いてこれだけの笑顔になれる。

これって、すごいことだと思うんですよね。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。