トラウマ克服なるか?

まいど!愚蛤庵主人です。

 

とうとう、ゴールデンウィークが明けてしまいました。

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

 

・・・・・・・・・・

 

わたしは、きのうはお休みをさせていただいて。

なんだかんだやっておりました。

 

主な目的は、「息子の自転車を買う」ことです。

息子は、ずいぶん体も大きくなって、今までの自転車ではかなり無理がある状態だったのと、自転車そのものが苛烈な使用状況に耐えられなくなったわけです。

 

ヨメさんも、事前に息子を連れて物色に行っていたようですが、「自転車なら、お父さんに任せれば大丈夫!」ということになったらしくて、結局、わたしが決めることになりました。

 

予算内できっちりおさまるいい自転車、って、案外ないものです。

息子が候補に挙げていた自転車は、見るからに「見てくれだけ」の代物ばかりだったので、根こそぎ却下。

 

で、店の中に長くはいられませんので、ぴゃっと決めて、あとはヨメさんに任せてぴゃっと店の外におりました。

 

・・・もう一ヶ所だけ、別の用事で寄ったんですが、両方合わせて1時間もいなかったと思うんですが、帰ってきたらもうグッタリでした。

 

自転車は、息子が非常に喜んでくれたので、わたしとしても、とても嬉しかったです。

 

・・・・・・・・・・

 

今週は、息子の小学校の合宿やら、彼の誕生日やら、イベントてんこ盛りです。

彼にとって、すばらしい1週間になるといいと願っています。

 

・・・・・・・・・・

 

あ、それと、きのう、少し早くなりましたが、息子の誕生祝いのプレゼントを、ヨメさんが買ってきましたので、余計に息子のテンションが上がりました。

 

「Nintendo switch」という、任天堂の最新のゲーム機です。

 

どんだけウハウハしとんねん!というくらい、挙動不審な息子でありました。

 

・・・・・・・・・・

 

ただ、念のため、息子に「学校でこれを買った」と言いふらすんじゃないぞ、と言い含めておきました。「わかった」とはいってましたが、果たしてどうなることやら。

 

学校で友達にそれを言う、ということは、本人としては、「自分はとてもうれしいんだ」という気持ちをみんなと分かち合いたいということなんでしょうが、クラスの中には、ゲーム機を持たない(持たせてもらえない)子もいるわけで、そういう子に辛い思いをさせたくなかったんです。

 

テンションが上がると周囲が見えなくなるのは父親譲りなんですよね。困ったことに。

 

「周囲の人の気持ちを思って行動できる」こどもになってくれれば、という、バカ親の願いです。

 

・・・・・・・・・・

 

で、本日は、描きましたよ。

 

土曜日の宮藤官九郎さんも、あまり納得のいくものではありませんでしたが、それでも、あえて苦手に挑戦してみました。

 

昨年のリベンジになります。わたしにとってはトラウマになってる題材。

「いまどきの女の子」でございます。

 

山本美月さん。(クリックでびよーん!)

 

 

 

やっぱり、「なんかチガウ感」が漂いますね。

 

もちっと、がんばろ。

 

・・・・・・・・・・

 

精進を重ねてゆきます。

 

では、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。