こころのやまい。 イラスト制作

息抜き、そして基礎練など。

まいど。愚蛤庵主人です。

 

今日は、障害者対象の求人(通称「マル障」)のなかの、障害者就労施設の求人に応募する手続きの一つとして(お役所やその他もろもろからむので時間がかかるんです)、市役所で担当の方と、社会福祉相談員の方で私を担当される方とで面談を行いました。

 

いろいろ尋ねられて、それに対して答えるだけのものだったんですが。

やはり、このプロセスは、必要不可欠なものだと思っているので、苦痛は感じなかったです。

 

ただ、やはり、初対面の方に打ち解けて話すことが難しい。

というより、すべての人に対して距離の取り方を知らないのでやむをえないです。

 

そんなわけで、くたびれて帰ってきました.

 

 

で、きのう、ゴチャゴチャ頭をリフレッシュするために、息抜きがてらポロっと描いたイラスト(似顔絵)があまりに不評だったんですが、これもあえて晒します(マゾヒスティックではありますが)。

 

久保田利伸です。

 

TK下書き

 

さいきんの彼をご存知の方なら、ま、下手なりに理解はしてもらえるらしい、というのはわかりましたが、実質的、実力的にせいぜいこのレベル。

 

とりあえずイラストとしてたのしんでいただければ幸いです。

 

 

で、これをA子さんは「ウィル・スミス」だと思ったらしいので、

 

けさ、自分が彼を描くとこうなる、というのをメールで送信しました。

 

それがこれ。

 

 

WS

 

描いた本人的には、根本的にナニカがちゃうやろー!と叫びたかったが故の基礎練でした。いわば言い訳的な自己主張です。

 

ま、絵は上達してませんが、精神的に少しずつ上向いてはおります。

 

あすは大変な天気(北陸でも最低気温が氷点下)だそうで、心して休むことにします。

 

みなさまも、くれぐれもご自愛ください。

 

ではでは、またいずれ。愚蛤庵主人でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。